So-net無料ブログ作成

目からウロコの英会話発想トレーニング その123(英語で)ボランティアをしているよ [ファンクションメソッド「世界標準の英作法]

 

絶賛、tweet!
https://twitter.com/cominica


ファンクションメソッドオンライ英会話講座
サポートブログ「世界標準の英作法」講座


【これが国際標準の英会話学習法だ!】

[英会話発想トレーニング 表現の枠組み]
【一般動詞フレーズ5段活用】
 do volunteer work  「ボランティアをする」
=============================
(1) do[es] volunteer work   現在形動詞フレーズ 
※現在形の肯定形だけで使われる。
(2) did volunteer work     過去形動詞フレーズ
※過去形の肯定形だけで使われる。 
(3) do volunteer work     原形動詞フレーズ
※命令形,未来形(助動詞)、to不定詞で使われる。
(4) doing volunteer work    ing形動詞フレーズ
※進行形や動名詞で使われる。
(5) done volunteer work    ed形動詞フレーズ 
※完了形で使われる。 
=============================

[基本4時制の展開]
(現在形) ※現在の事実・習慣
 (1) 私、(今、ふだん)ボランティアをしているよ
   → I do volunteer work.
 (2) 私、(今、ふだん)ボランティアをしてないよ
   → I don't do volunteer work.
 (3) あなた、(今、ふだん)ボランティアをしてるの?
   → Do you do volunteer work?
 (4) あなた、(今、ふだん)ボランティアをしてないの?
   → Don't you do volunteer work?

(過去形)※過去の事実
 (1) 私、(その時)ボランティアをしたよ
   → I did volunteer work.
 (2) 私、(その時)ボランティアをしなかったよ
   → I didn't do volunteer work.
 (3) あなた、(その時)ボランティアをしたの?
   → Did you do volunteer work?
 (4) あなた、(その時)ボランティアをしなかったの?
   → Didn't you do volunteer work?

(未来形) ※未来の事実
 (1) 私、(これから)ボランティアをするつもりよ
   → I will do volunteer work.
 (2) 私、(これから)ボランティアをするつもりはないよ
   → I won't do volunteer work.
 (3) あなた、(これから)ボランティアをするつもりなの?
   → Will you  do volunteer work?
 (4) あなた、(これから)ボランティアをつもりはないの?
   → Won't you do volunteer work?

(現在完了形)※過去を背負った現在の付帯状況経験用法
 (1) 私、(今まで)ボランティアをしたことがあるよ
   → I have ever done volunteer work.
 (2) 私、(今まで)ボランティアをしたことがあるよ
   → I have never done volunteer work.
 (3) あなた、(今まで)ボランティアをしたことがあるの?
   → Have you ever done volunteer work?
 (4) あなた、(今まで)ボランティアをしたことがないの?
   → Haven't you ever done volunteer work?

[展開表現-その1]
(情緒動詞(助動詞)によるファンクションフレーズ)
 (1) 私、ボランティアをすることができるよ
   → I can do volunteer work.
 (2) 私、ボランティアをすることができないよ
   → I can't do volunteer work.
 (3) 私たち、ボランティアをしなければならないよ
   → We must do volunteer work.
 (4) 彼女は、ボランティアをするかもよ
   → She may do volunteer work.
 (5) ボランティアをしてくださいませんか? ※依頼表現
   → Do volunteer work, will you?
 (6) (私たち)、ボランティアをしましょうか?
   → Shall we do volunteer work?

[展開表現-その2]
(be動詞によるファンクションフレーズ)
 (1) あなたは、ボランティアをするべきだ
   → You are to do volunteer work.
 (2) 私は、ボランティアをするつもりよ
   → I am going to do volunteer work.
 (3) 私は、ボランティアをすることができるよ
   → I am able to do volunteer work
 (4) 私は、いつでもボランティアをするよ
   → I am ready to do volunteer work
 (5) 私は、必ずボランティアをするつもりよ
   → I am sure to do volunteer work.
 (6) 私は、ボランティアをする予定よ
   → I am supposed to do volunteer work. 
 (7) 私は、ボランティアをする準備ができてるよ
   → I am prepared to do volunteer work.

[展開表現-その3]
(一般動詞によるファンクションフレーズ)
 (1) 私は、ボランティアがしたいよ
   → I want to do volunteer work.
 (2) 私は、ボランティアがしたかったよ
   → I wanted to do volunteer work.
 (3) 私は、ボランティアをしなければならないよ
   → I have to do volunteer work.
 (4) 私は、ボランティアがしなければならなかったよ
   → I had to do volunteer work.
 (5) 彼女は、ボランティアをするようだよ
   → She seems to do volunteer work.
 (7) 彼女は、ボランティアをするようなの?
   → Does she seem to do volunteer work?
 (8) 彼女は、ボランティアをするようじゃないよ
   → She doesn't seem to do volunteer work.
 (9) 私にボランティアをさせてください
   → Let me do volunteer work.

[展開表現-その4] ※高校1年配当
 (1) (今考えて見ると)ボランティアをするつもりだった
   → I would have done volunteer work.
 (2) (今考えて見ると)ボランティアをするべきだったよ
   → I should to have done volunteer work.
 (3) (今考えて見ると)ボランティアをしたかもしれないよ
   → I might have done volunteer work.
 (4) (今考えて見ると)ボランティアをしなければならなかった
   → I must have done volunteer work.

(ing形動詞フレーズを使った表現 進行形)
 (1) 私は、(今)ボランティアをしているよ
   → I amdoing volunteer work.
 (2) 私は、(その時)ボランティアをしてたよ
   → I wasdoing volunteer work.

(ing形動詞フレーズを使った表現 動名詞)
 (1) 私は、ボランティアをするが好きよ
   → I like doing volunteer work.
 (2) 私は、ボランティアをし終えたよ
   → I finished doing volunteer work.
 (3) 私は、ボランティアをするをあきらめたよ
   → I gave up doing volunteer work.

○今回の表現の「勘どころ」

最近、特に日本語を話す外国人が多くなって来ている。テレビでも大学などで日本語会話を学習している場面をよく見かける。特徴的なのは、彼らが動詞フレーズなどを基礎にして日本語表現をしていることだ。
例えば、「買い物に行く」というフレーズを元にして、生徒たちが口々に表現する。
 「わたしは、買い物に行きます」「わたしは、買い物に行きたいです」「わたしは、買い物に行くつもりです」「わたしは、買い物に行かねばなりません」「わたしは、買い物に行こうとしています」
一方、日本の英会話学習は、まったく異なっている。典型的なのは日本人の先生が五文型を始めとする「教育文法」を教え、これにちなんだ例文をとりあげる。例えば、「わたしは、買い物に行きたいです」は、動詞wantがto不定詞を目的語にとった構文であり、「行きたい」はwant to goである。そしてネイティブスビーカーがその文例を読み上げ、生徒達は I want to go shopping.と声を揃える。
英会話学習において、日本人に大きく欠けているのは動詞フレーズや補語フレーズを元にして英文を生産する作業だ。私が今回から「英語の九九瞬間英作」と名づけたコーナーを設けたのは「日本語を学ぶ外国人のような学習」を展開するために他ならない、

●自分が作った英文の音読だから確実に定着・蓄積する効率的学習法
  語学の学習で不可欠なのは音読です。しかしそれがいくら「名文」や役に 立つ表現」であったとしても、あらかじめ用意された英文をただよみあげる ようなものでは、いつまでも英語発想は身につきません。英語の合理的でシンプルなしくみをムリなく見にけることができるドリルです。

【参考 動画】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ファンクションソッド「世界標準の英作法」講座
以下の教材を購入いただいた方には、無料で講座の受講ができます。
以下の教材を鵜入頂いた方には、同時に「ユーザー名」「パスワード」をお送りします。

ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座(登録料),日常英会話必須基本16動詞(HTML版・音声つき),,ファンクションメソッド英語・英会話独習テキストHTML版.ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版・音声つき),日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版・音声つき) ,英語の九九 英会話発想トレーニング HTMLコミニカ中学英語<基礎編>Bセット,版,コミニカ中学英語<基礎編>団体使用,,コミニカ中学英語<基礎編> Aセット,ENGLISH-TREKKING教材」Vol.1~Vol.5
現在以下の教材を購入された方に「電子出版本「話すためのたったこれだけ英文法」を無料進呈しています。

【お知らせ】
CDにての販売以外はのダウンロード販売はBASEに移転しました。BASEでは、ご購入と同時に自動的に教材がダウンロードされます。
各種カードが使えます。
Click!ファンクションメソッド英語研究会
Click ファンクションメソッド英語研究会発行全教材詳細解説

以下の先頭の3つの動画はファンクションメソッドの基本を中嶋が直接に説明したU-Tubeで大好評を得た動画です。あなたの英会話学習シーンが確実に変わります。
     
     
     
     

[当研究会からのお知らせ]
ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
ファンクションメソッド研究会

スポンサードリンク




スポンサードリンク

nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

クール11 3ヶ月で英語脳構築3/90)  (英語で)怒ってたよ [どうして3ヶ月で英語脳の構築ができるか]

 

【どうして日本人は英語が話せない?
これから3ヶ月間にわたって、「英語脳の構築」について述べていきます。
その前に、「英語の骨格」「英語の枠組み」というものを意識して下さい。
以下は、当講座主教材「九九のように覚える英会話のP.17に書かれている記事だ。
教育文法では(1)(2)が補語とされ、(3)(4)は方位副詞、前置詞、(5)は現在進行形、(6)は現在受身形だが、すぺて補語とするのがファンクションメソッドであり,英語発想だ。

(1) I am well(元気だ)
(2) I am an office worker(会社員だ)
(3) I am here(ここにいる)
(4) I am at work(仕事中だ)
(5) I am getting well(元気にしている)
(6) I am liked by everyone (皆に好かれている)

第1章においては、6つの「英会話九九テーブル」が登場する
今回とりあげたのはbe動詞過去形のテーブルとなっている。

○英語の九九 ファンクションフレーズテーブルbe動詞 過去形

以下は、当講座主教材「九九のように覚える英会話のP.24に書かれている記事だ。
(1) I was well(元気だった)
(2) I was an office worker(会社員だった)
(3) I was here(ここにいた)
(4) I was at work(仕事中だった)
(5) I was getting well(元気にしていた)
(6) I was liked by everyone (皆に好かれていた)
つまり、be動詞をwas.wereにすると,オセロゲームのように過去の表現となることを知っていただきたい。
私がこの講座で「たった3ヶ月で英語が話せる」というこれが根拠の一つだ。

英会話の九九テーブルNo.1から英会話の九九テーブルNo.6は、簡単な主語とbe動詞との結びつきを表しています。それぞれのテーブルには[GroupA][GroupB]、そして[GroupC]の項目があります。[GroupA]は肯定表現、[GroupB]は否定表現、そして[GroupC]は疑問表現のフレーズとなっています。

【今日の学習】
02・英語の骨格 その2[was, were]
ドリルNo.2 「怒ってたよ」
まずネイティブスビーカーの音声を聞き、その意味をイメージすることから始まります。
 be well 元気よ
 be hungry お腹が空いてるよ
 be tired 疲れてるよ
 be angry 疲れてるよ
以下フレーズは「ひまよ」「イライラしてるのよ」など10ありますが、省略します。
【CHART1】肯定表現 「〜は元気だったよ」など
 (1) I was     well
 (2) We were   hungry
 (3) You were × angry
 (4) You were     略
 (5) He  was
 (6) She was
 (7) They were
※「×」は、ランダムに結びつくことを示しています。
【CHART2】否定表現 「〜は元気じゃなかったよ」など
 (1) I was not     well
 (2) We were not    hungry
 (3) You were not × angry
 (4) You were not      略
 (5) He wasnot
 (6) She was not
 (7) They were not

【CHART3】疑問表現 「〜は元気だったの?」など
 (1) Werre you     well?
 (2) Werre you    hungry
 (3) Was he   × angry?
 (4) Was she        略
 (5) Werre they
【CHART4】疑問詞の疑問表現 「〜は元気どうだったの?」「元気だったよ」など
 (1) How were you?
   I was well
 (2) How were you?
   We were well  
 (3) How was Tom?
   He was well. 
 (4) How was Lucy?
   She was well, 
 (5) How were Mill and Lucy?
   They  were well.
※Howは「どんなだ」と状態などを聞く言葉です。
したがって「ご機嫌いかがですか?」だけでなく、「眠いよ」「イライラしてるのよ」「疲れてるのよ」などと答えます。
つまり「まずネイティブスビーカーの音声を聞き、その意味をイメージすることから始まります」で学習したフレーズを用いて英文を生産することになります。

第1章 6つの「英会話九九テーブル」が英語を組み立てている
  01・英語の骨格 その1[am, are, is]
    ドリルNo.1 「幸せよ」
  02・英語の骨格 その2[was, were]
    ドリルNo.2 「怒ってたよ」
  03・英語の骨格 その3[do, does]
    ドリルNo.3 「(時々)ケーキを作るよ」
  04・英語の骨格 その4[did]
    ドリルNo.4 「(昨晩)ケーキを作ったよ」
  05・英語の骨格 その5[will]
    ドリルNo.5 「幸せになるよ」
    ドリルNo.6 「食事を作ってれるの?」
  06・英語の骨格 その6[have, has]
    ドリルNo.7 「ずっと気分が悪いのよ」
    ドリルNo.8 「ケーキを作ったことがあるの?」
=================================
【BOOK MARKS
いつでも閲覧できるように、以下の教材をGoogle Chromeのブックマークに入れて使っください。
今後。学習の進度に従って、閲覧していただくためにベージを指示させていたたきます。
副教材「話すためのたったこれだけ英文法」PDF
今回の学習では、very,a bitなどの副詞の表現が出てきます
72ページ以下を参照してください。
[3] 「程度」を表すAdverbs of degree Degreeは「程度」のことですが、How strong or weak?(どれだけ強く、弱く)など もこの仲間となります。この意味を表す副詞は、他の副詞、形容詞、または動詞( レーズ)を飾ることに特徴があります。
強 very, extremely とても、極めて
This lunch is very[extremely] expensive.
このランチはとても/極めて値段が高い
中 rather, pretty, fairly, quite かなり
This lunch is rather[pretty, fairly, quite] expensive.
このランチはかなり値段が高い
弱 a bit, a little 少し
This lunch is a bit[a little] expensive.
このランチは少し値段が高い

ところが以下の形容詞ではveryを使えないことに注意してください。これらの形容 詞はveryで程度を表すようなものでなく意味が強いからです。したがってvery excellentといった表現は間違いです。 excellent, useless, awful, marvelous, perfect,

副教材「一週間で頭にしみ込むイディオム」PDF
=================================
私は以下の教材をいつでも閲覧できるように、私の使っているGooogle Chromeのブックマークに入れて使っている。
もちろんこれはブログの記事を作るため、あるいは当オンライン講座を受講している方へのサポートするためだ。以下は、U-Tubeにあげている教材紹介動画だ。ぜひ参考にしていただきたい。 
○当講座 主教材「九九のように覚える英会話」PDF 
○当講座 主教材「オウム返し英会話学習法」PDF 
○当講座 主教材「イメトレ英語学習法」PDF  
○当講座 副教材「話すためのたったこれだけ英文法」PDF 
○当講座 副教材「一週間で頭にしみ込むイディオム」PDF 
○参考教材「日常英会話必須基本16動詞」HTML版 
○参考教材「ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞」HTML版


 ファンクションソッド「世界標準の英作法」講座以下の教材を購入いただいた方には、無料で講座の受講ができます。教材を鵜入頂いた方には、同時に「ユーザー名」「パスワード」をお送りします。ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座(登録料),日常英会話必須基本16動詞(HTML版・音声つき),,ファンクションメソッド英語・英会話独習テキストHTML版.ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版・音声つき),日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版・音声つき) ,英語の九九 英会話発想トレーニング HTMLコミニカ中学英語<基礎編>Bセット,版,コミニカ中学英語<基礎編>団体使用,,コミニカ中学英語<基礎編> Aセット,ENGLISH-TREKKING教材」Vol.1~Vol.5現在以下の教材を購入された方に「電子出版本「話すためのたったこれだけ英文法」を無料進呈しています。

【お知らせ】
CDにての販売以外はのダウンロード販売はBASEに移転しました。BASEでは、ご購入と同時に自動的に教材がダウンロードされます。
各種カードが使えます。
Click!ファンクションメソッド英語研究会
Click BASEで購入オンライン英会話講座受講申し込み


Click ファンクションメソッド英語研究会発行全教材詳細解説

以下の先頭の3つの動画はファンクションメソッドの基本を中嶋が直接に説明したU-Tubeで大好評を得た動画です。あなたの英会話学習シーンが確実に変わります。
     
     
     
     

[当研究会からのお知らせ]
ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
ファンクションメソッド研究会

スポンサードリンク




スポンサードリンク

nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

2019年09月04日のつぶやき 2019/09/05 [ネイティブが選んだ日常会話必須62動詞HTML]


スポンサードリンク

nice!(0) 

ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座 英語の九九 英会話発想トレーニング
ファンクションメソッド英語・英会話独習テキスト( 日常英会話必須基本16動詞(HTML版・音声つき)
ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞 日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが
TREKKING教材」Vol.1~Vol.3 TREKKING教材」Vol.1~Vol.5
The 語彙力日常会話 基本15動詞編 The 語彙力日常会話必須160動詞編
小学5年生から始めるフォニッ コミニカ中学英語_基礎編_ Aセット
コミニカ中学英語_基礎編_Bセット コミニカ中学英語_基礎編_団体使用